呼び出し方法

	&error('EXPR', '1')

エラーメッセージをHTMLとして出力するためのサブルーチン。
フェイタルエラーではなく、想定内でのエラーハンドルなので注意。

第一引数をエラーメッセージとして表示する。
また、第二引数が真であればロックファイルの削除を行う仕組みとなる。

ソースコードの解説

sub error {
	$_[1] || &unlock;

第二引数が真であれば sub unlock を実行する。

	if (!$headflag) { &header }

$headflag が偽であれば sub header を実行する。

	print qq|<center>\n|;
	print qq|<hr width=80%>\n|;
	print qq|<B><font color=#FF0000>$_[0]</font></B>\n|;
	print qq|<hr width=80%>\n|;
	print qq|</center>\n|;
	&footer;

HTML出力部分で、第一引数であるエラーメッセージをブラウザに表示する。
sub footer はHTMLの終了タグ部分。

	exit;
}

exit関数 により、スクリプトの実行を終了させる。

キーワード解説

exit関数

  • exit EXPR
    • EXPR … 終了時に返すステータスコード。省略可能。

スクリプトの実行を終了させる。
正常終了時、EXPRをステータスコードとして返し、省略されていれば 0 を返す。

関連項目

コメント

コメントはありません。 Comments/リファレンスマニュアル/サブルーチン/error?

お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-29 (日) 18:38:28 (18d)